エンジンコイン(ENJ)とは?エンジンコインでゲームで稼ぐ?

エンジンコイン(ENJ)はゲームとの結びつきが強い仮想通貨です。

エンジンコインはプラットフォームが既に開発されており、ユーザー数が2000万人を超えている大人気通貨となっています。
エンジンコインは、マイクロソフトやサムスンといった大企業と提携しているため、将来性が期待されている仮想通貨の一つです。

ゲーム開発者が Ethereum ブロックチェーンを使用してゲーム内アイテムを生成できるのがエンジンコインの特徴であり、ゲームの構築を容易にしています。

そこで今回は、エンジンコイン(ENJ)を知らない人のために、エンジンコインの特徴やメリット、デメリットなどを紹介します!

目次

エンジンコインとは?(ENJ)

エンジンコインは2009年創業のシンガポールの企業「Enjin」が運営しているブロックチェーンプラットフォームの「Enjin Platform」で発行された仮想通貨です。通貨単位は「ENJ」です。

これまでのゲームでは、プレイヤー間でのアイテムの取引は不可能でした。できたとしても、そのアイテムが唯一のものという証明はなく、コピーを渡すという形での交換でした。
しかし、NFT技術が搭載されることで、

ゲーム内のアイテムが唯一無二の存在となる
アイテムの所有者を証明できる

ということが可能になったのです。

つまり、各アイテムがユニークなものとなり、所有者を明示できるようになったため、ユーザー間の自由な売買が可能になりました。

あわせて読みたい
NFTとは?デジタルアートで収入を得る!? NFTとは「Non-Fungible Token(ノン ファンジブル トークン)」の略のことです。日本語で直訳すると、「非代替性トークン」を意味します。 最近では、イーロン・マスク...

エンジンコインは、開発者が非代替トークン (NFT) などの仮想資産を作成、配布、および取引できる分散型サービスです。このシステムは、ゲーマーを念頭に置いて構築されました。アバターが身に着けるアイテムや、ゲームで使用する武器はこれまで独自のものではなく、コピー可能品でした。しかし、ブロックチェーン技術により、ゲーム内アイテム、つまりデジタル資産の所有権を証明できるようになりました。

Enjinでは異なるゲーム間でアイテムの売買ができる|エンジンコイン ゲームで稼ぐ

エンジンコインには「メルト」という機能があります。
これはEnjin Platform内で発行し、必要でなくなったNFTをエンジンコインに戻すことができる、というものです。

Enjin Platformはオンランゲームをするためのプラットフォームで、35種類ものオンラインゲームで利用するNFTを発行することが可能です。

オンラインゲーム内ではユーザー間でアイテムの売買をすることがありますよね。

Enjinが今までのゲームシステムと異なるのは、Enjinでは異なるゲーム間でアイテムの売買ができるようになるという特徴です。

例えば、AのRPGゲームのアイテムを、BのRPGゲームのプレイヤーに売るということができるのです。

ゲームで遊びながら稼げる|エンジンコインはゲームで稼げる

エンジンコインはEnjin Platform内でのアイテムの売買が可能なだけでなく、ゲームで遊びながら稼ぐことも可能ですつまり、エンジンコインはゲームで稼ぐことができるのです。

あわせて読みたい
NFTゲームとは?仮想通貨市場注目のGameFiを解説! 「遊んでお金を稼げる世界があったなあ」と考えている方も多いのではないでしょうか。 遊んで稼ぐなんて許されない!というイメージが長年にわたってありましたが、どう...

このように遊んで稼ぐことができることで、プレーヤーがゲームを飽きずに継続してプレイし続けることができますね!

ブロックチェーン技術を活用して作られたNFTゲームの中では、レアアイテムやレアカード、レアキャラクターを出品して販売することができます。これらはGameFiとも呼ばれ、オリジナルのアイテムやカード、キャラクターを作って販売することも可能な時代になってきています。

あわせて読みたい
【初心者必見】GameFiとは?いま話題のGameFiの特徴を徹底解説します これまでのゲームは、純粋に楽しむためにプレイするものでした。 ゲーマーとそうでない人との差がなくなってきている、ゲームを使って稼ぐ、ゲームで稼ぐといった新しい...

マイクラでもエンジンコインが使える

Enjinは、ブロックチェーン上でマインクラフトをプレイできる「EnjinCraft(エンジンクラフト)」をリリースしています。

これまで、マインクラフトではアイテムの売買ができませんでした。
しかし、エンジンクラフトの登場によって、マインクラフトをプレイして作ったアイテムの売買が可能となりました。

2021年に入ってからは、マイクロソフトが「EnjinCraft」を利用して、マインクラフトで利用できるNFT(非代替性トークン)を獲得できるブラウザゲームを開発しています。プレイヤーはゲームにおいて、国際宇宙ステーションを救うミッションに取り組んだりすることができるのです。

まとめ|エンジンコイン

いかがでしたでしょうか?

我々は、ゲームで資産形成を目指すことも可能な時代へと突入しているといえます。カジノ感覚でプレイできれば、プレイヤーの離脱が減り、ゲーム開発者やゲーム提供者にとってのメリットも大きいかもしれません。

21歳までのアメリカ人のアンケートによると、男女問わずその90%は、一度はゲームにハマった経験があると答えています。これは、かつてのゲーマーと非ゲーマーの違いが薄くなってきていると言えるでしょう。

今後、ますますゲームの利用者が増えるとともに、エンジンコイン(EJN)への期待感も高まっていくと予想されますね!

シェアして知識を定着させよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次