NFTゲームとは?仮想通貨市場注目のGameFiを解説!

「遊んでお金を稼げる世界があったなあ」と考えている方も多いのではないでしょうか。

遊んで稼ぐなんて許されない!というイメージが長年にわたってありましたが、どうやらその夢も叶いそうな時代になりました。

そこで本記事では、NFTゲームおよびGameFi(ゲームファイ)について解説します。

ゲームが好きな方や、ゲームで稼いでみたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

NFTゲームとは

NFTゲームとは、ブロックチェーン技術を導入したオンラインゲームのことを広く指します。

今まではゲーム内のアイテムや通貨などはゲーム内で使用することだけにとどまりましたが、そういったゲーム内のアイテムを売却して仮想通貨を稼ぐなどの仕組みがNFTゲームによって確立されつつあります。

つまり、「遊んで稼ぐ」ということができる時代ということです!

NFTゲームと同じ意味の言葉として、「ブロックチェーンゲーム(BCG)」や「Play to Earn(P2E)」などがあります。

NFTゲーム、GameFiの特徴を見ていきましょう。

ゲームをプレイするだけで稼げる!

NFTゲームは、特定のゲームを遊んで仮想通貨を稼ぐことが可能です。

どうやってゲーム内で稼ぐかは、ゲームによって異なります。多くの場合は、ゲーム内で敵や他のプレイヤーと対戦して勝利することで報酬を得たり、クエストのクリアしたり、一定の条件を満たすと報酬として仮想通貨を獲得できるようになっています。基本的にはゲームを普通にこなしていれば稼げるようです。

また、ゲームで使用するキャラクターやアイテムはNFTになっていることが多いです。つまり、これらのゲームのアイテムはNFTマーケットプレイスで売買できるので、入手したアイテムを取引することが可能なのです。特にレア度の高いNFTは高値で取引されるため、NFT売買でも仮想通貨を稼ぐことが可能です!

自分でNFTのキャラクターやアイテムを生成!

ゲームによっては、自分でオリジナルのキャラクターやアイテム(NFT)を作成することが可能です。これらの作成したキャラクターやアイテムはNFTとして価値がつき、取引することが可能です。

自作したNFTを他のプレーヤーに得ることで、仮想通貨を稼ぐことも可能なので、ゲームだけ生活ができるようになるかもしれませんね!

他のゲームでキャラクターやアイテムを使用できる

NFT化されたキャラクターやアイテムは他のゲームとの互換性がある場合、他のゲームで共有することができます。
これは今までのゲームになかった概念ですね。他のゲームに別のゲームのアイテムを引き継ぎたいなと思ったゲーマーも多いのではないでしょうか?

ゲームが終了しても資産が残る

今までのゲームの場合、ゲームが終了するとゲーム内のキャラクターやアイテム、データは消滅していましたよね。
しかし、NFTゲームではそれらのデータが残ります。

その利用は、NFTが自身のウォレットに接続されていることにあります。
NFTゲームは、自身のウォレットを接続して始める場合が多く、NFTゲーム内のキャラクターなどは、ウォレットで保管されるため、ゲームが終了してもウォレットを持ち続ける限り、消滅することはありません。

つまり、ゲーム人気のピークが過ぎた後に、再び需要が高まるようなことがあれば、また価値が高まる可能性があります!

ゲームで不正が発生しにくい

NFTゲームは、ブロックチェーン技術を使用しているため、データの改ざんなどの不正が基本的に起こりません。

不正がない世界であるため、プレイヤーは平等に競うことができます。
ただ一方で、バグなどを利用するのが楽しかった昔のゲームの楽しさも捨て難いですね。

シェアして知識を定着させよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次