【貯金を増やしたい方必見!】最大137%貯金が増える裏技!

ひと財産作るためにも元手が必要ですよね。

トマ・ピケティも『21世紀の資本』で言っているように、残念ながらお金を働かせている人のところにお金は集まります。一番お金に近いところにいる人が稼ぐのが資本主義なのです。

それでもお金を増やしたい、貯金をもっと増やしたいとあなたも思っているのではないでしょうか?

アメリカ・クレイトン大学では、マネーリテラシーを高めるよりも心理学を学んだ方が、より貯蓄ができるという研究が発表されています。

これは 「ノスタルジック貯蓄術」と呼ばれています。2017年にブラッド・クロンツ(Dr.Brad Klontz)博士によって明かされたこの研究です。

目次

137%も貯金ができるノスタルジック貯蓄術とは!?

ノスタルジック貯蓄術とは、クレイトン大学で明かされた心理学的研究で提案された方法です。

発表したクロンツ博士は、心理学者でありながら、経済と心理学をミックスさせた先進研究(学祭領域)で世界的に知られています。
この研究では被験者をランダムに、

1. ノスタルジーを思い起こさせるものや人に接してもらったグループ
2. マネーリテラシーを高めてもらったグループ

にわけます。

1のグループはノスタルジーで強い感情、ポジティブな感情を引き出します。

2のグループは金融リテラシーを高めるため、貯蓄や投資について、学習することとされました。1のグループはマネーリテラシーの講習を受けていません。

ちなみに、2のグループの金融リテラシーの学習も本格的なもので、米銀行キャピタル・ワンの支援を受けて実施されています。

そしてお互いのグループはお互いがなにをしているのかを知らない状況で実験が進められます。

結果としては、なんとグループ1のノスタルジーを感じたグループは節約力が67%増加したのです!意外ですよね。金融リテラシーを学習したグループの方が、節約に関してより上手になりそうな気がしますよね。

また、実験結果はそれにとどまらず、さらに、米国5都市(ボストン、オースティン、シアトル、アトランタ、ダラス)で実験を繰り返したところ、最大137%(アトランタ)の貯蓄の伸びを示したようです。

なぜ貯蓄が増えるのか

この実験結果は「貯蓄に意味付けができたから」とクロンツ博士は分析しています。

お金を節約することが、家族・人生の価値・意味のある目標と、内面的に定義されるため、それが貯蓄力を加速させるのではないか、という考察です。

さらに、クロンツ博士によると、心理と貯蓄をうまく組み合わせるなら

1. ノスタルジックなアイテムを写真にとって壁に飾る
2. 銀行口座に名前をつける(例:さびしさ撲滅口座)

という方法も提案しています。

マネーリテラシーと心理学を組み合わせて貯蓄を増やそう!

今回紹介した実験は、2017年に行われた比較的新しい実験です。

マネーリテラシーを高めるよりも、ノスタルジックな心理的な感情と貯蓄を結びつけたほうが、より貯蓄が進む結果となりました。もしかしたら心理学とマネーリテラシーとうまく結びつければ、最強の貯蓄術ができてしまうかもしれません。

シェアして知識を定着させよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次