ビットコインはヴェブレン効果か?仮想通貨とヴェブレン効果、有閑階級の理論から解説!

希少性はあらゆる発明や発見につながってきました。

エコノミストは、これを自然需要として引用します。

単純化された商品やサービスの場合、経済学の需要と供給の伝説的な法則が多くの場合において当てはまるように見えます。 しかし、現代社会はそういった常識を覆すかの如く進化してきました。

需要の法則には例外があります。その一つが「ヴェブレン効果」です。

あわせて読みたい
【価格が高いほど、需要が高まる】ヴェブレン効果「有閑階級の理論」を解説! 我々は「できれば安く買いたい!」と考えていますよね。 しかし、世の中には、「高ければ高いほど買いたい!」という現象もあります。 顕示的消費ニーズでは価格が高い...

ヴェブレン効果、またの名を有閑階級の理論は、簡単に説明すると「価格が高ければ高いほど需要が伸びる」という理論です。

その理由としては、ステータスや自己顕示欲、バズりたいなどさまざまな心理的背景があるとされています。

ヴェブレン効果は、アンティークやアートなどの希少品に最も一般的に関連付けられている「網羅的な本質」とも言えます。つまり、経済学の基本法則である「希少性」に基づいて、人々は価格が高いものに価値を見出しているとも言えるのです。

では、そのようなアートのような希少品とビットコインには似たようなところがあるのでしょうか?

目次

ビットコインとヴェブレン効果

ビットコインには、金融界で「ハード キャップ」と呼ばれるものがあります。

簡単に言えば、金のように枯渇します。

サトシ・ナカモトというペンネームで書かれたそのホワイトペーパーによると、これまでに採掘できる [読み取り: 作成された] ビットコインの最大数は、2,100 万です。このシステムは定期的に機能し、4年ごとに「半減」と呼ばれる劇的かつ体系的な供給の変化があります。

もちろんこの記事を書いているときも、ビットコインの価格が変化していますし、マイナーがブロックチェーンにブロックを追加し続けるインセンティブを与えているため、市場均衡のケースが起こっています。したがって、市場は、中央銀行のような仲介者を必要とせずに均衡を保っています。

しかし、その報酬も最終的に0になります。すぐにはありませんが、推定では 2140年とされています。それは、2100 万のビットコインすべてがマイニングされる時期です。

ビットコインの誕生以来、それが有限であるということは周知の事実です。

ビットコインの供給が減少し、最終的には2140年に停止するため、需要との価格関係は、あらゆるヴェブレン効果を模倣するかもしれません。

特に現状ビットコインをいくら持っているかなどを自慢する人も少なくないですし、ビットコインの所有に限らず、それについての個人的な知識や予想が飛び交っているのを見ると、ある意味、ビットコインの需要は、ヴェブレン効果と関係がないとは言い切れないかもしれません。

今後ビットコインの供給が終わるに近づくにつれ、その希少性は高まっていきますし、つまりビットコインを所有していること自体に価値が出てくるのかもしれません。

シェアして知識を定着させよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次